ダイエットサプリの効能に関わる飲み合わせ

何かを服用するとなると、しばしば飲み合わせがポイントになります。飲み合わせには2つの意味合いがあって、ポジティブなものとネガティブなものがあるのです。

前者は、主に薬との組み合わせですね。そして後者は、サプリの効能を高める事に関わってきます。

1.薬同士の組み合わせに注意

そもそもどこかの病院から薬を処方してもらう時には、最近では薬剤師を仲介するケースがほとんどですね。あれは、薬の組み合わせの問題があるからです。

薬剤師は、患者の方のデータを多く蓄積しています。その理由は、過去に処方した薬との組み合わせです。というのも薬は、他のタイプの薬と競合をしてしまう事があるのですね。

痛み止め同士などは、お互いに化学反応を引き起こして、患者に悪影響を及ぼしてしまう事があります。薬剤師は過去データを蓄積してきますので、それを予防してくれる訳ですね。

2.サプリと薬の飲み合わせ

それでダイエットサプリを飲むとなると、やはり薬には注意を要するのです。残念ながらそのサプリの中には、一部の薬とあまり相性が良くない事があります。

人々の中には、かなり重い病などを治す為に、どこかの病院から薬を処方されている事もあるでしょう。その薬とサプリが化学反応を起こすと、様々な悪影響が生じる可能性はあります。

ですのでサプリを服用しようと思うなら、やはり薬剤師に相談するのが最も無難ですね。もちろん医師でも問題はありません。

3.白湯との飲み合わせはおすすめ

このように飲み合わせはネガティブな含みがありますが、その逆に良い組み合わせもあるのです。その1つが白湯ですね。

そのお湯には、総じて血液の改善に関わる効能が期待できるのです。冷え性を防ぐ為に、そのお湯を服用する方々も多いですね。

それをサプリと一緒に飲むことによって、ダイエットサプリの力が高められる事が多いのです。ちなみにそのお湯とサプリを一緒に飲んだとしても、特に副作用はありません。

4.青汁との相性が良い

それとダイエットサプリは、青汁とも相性が良いのです。青汁は整腸作用などが期待できますので、お腹の中は綺麗になるのですね。

ダイエットサプリは、お腹の中が綺麗な方が効果も高まりやすいです。ですので青汁と一緒に飲むと、サプリによる減量効果も期待できるでしょう。

サプリの飲み合わせ関するまとめ

つまり飲み合わせについては、

・薬剤とサプリの組み合わせの悪影響に注意
・白湯との飲み合わせはむしろプラス
・青汁との組み合わせもおすすめ

主にこのような点が言えるのです。ですので薬を服用中の方々は、要注意ですね。逆にサプリの効果を高めたいと思うなら、白湯などと併用するのが望ましいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *